初めての育児体験で知っておきたいこと

現在、7歳になる一人息子がいます。
33歳と言う、高齢出産ギリギリで授かった子ですので、可愛くてたまりません。
正しく、目に入れても痛くない…笑 くらいの気持ちで、溺愛状態です。

 

今でこそほとんどの事は一人で出来、徐々に手はかからなくなってきましたが、赤ちゃんの頃は全く寝てくれず、動けるようになった頃には激しい後追い。
3歳で保育園に行くまでは、はっきり言って地獄でした。

 

主人は毎日帰りが遅く、実家も遠方な為ほとんど一人で育児をこなし、孤立感でいっぱいでした。
主人が出勤する時には、「行かないで、家にいて。」と泣いて縋った事もありました。
お腹もいっぱい、睡眠も足りているはずなのに、泣きわめく息子をどうする事も出来ず抱きしめて泣いた事もありました。

 

赤ちゃんと二人だけの世界で息が詰まるのは当然です。
ある友人から紹介された母親教室や、育児サークルに積極的に参加してみました。それまでも保健師さんから勧められてはいましたが、一人で参加する勇気がなく、躊躇していました。その紹介してくれた友人が、同行してくれるとの事で一歩踏み出す事が出来たように思います。

 

始めは、親子共々緊張してカチカチな表情で何も話さず帰る日もちありましたが、顔見知りの方も増えてきた頃には参加するのが楽しくて仕方なくなっていました。

 

同じ年齢の子供に対する悩み事や不安な事。そこでは、みんなが話していますから、聞いているだけでも参考になりました。
何より外に出て、家族以外と接する。当時の私には、それが一番の救いだったようにも思います。
息子も、私とばかり接するのではなく他の子と接する事で、良い刺激になって行ったと思います。その頃から、後追いや夜泣きが減ってきました。

 

その時に知り合ったママ友さんたちとは、息子が小学生になった現在も、仲良くさせてもらっています。

 

当時の私と同じように、悩みながら寂しさを感じながら愛しい我が子の為に育児に頑張っておられる方は、沢山いらっしゃると思います。
怖いかもしれませんが勇気を持って一歩踏み出す事で、辛かったそれまでの景色が変わる事があるかもしれません。

 

自分自身と、愛する大切な我が子の為に。
一歩踏み出す勇気を、持って下さい。